雑草・草刈りのお悩み解決します
   
太陽光発電所・空地など…



       



ここ数年の太陽光バブルにより私たちの周りにもたくさん設備が増えました。


ところが!本年度の太陽光業者倒産件数は昨年の倍65件にもなる様です。

せっかく用意した土地で太陽光パネル設置から発電開始までと安心したのも

束の間、太陽光発電所に刈っても刈ってもドンドン生えてくるやっかいな雑草。

雑草対策・雑草除去を怠ると、あっという間に雑草がボウボウになりますし、

 【発電効率】 の事を考えると、雑草をほおってはおけません!


そして何といっても売電の売り上げが減ってしまう心配があります


          
 



そこで、当社では太陽光発電物件取り扱いで蓄積したノウハウを活かし

茨城県つくば市を中心にその近隣市町村の

筑西市・下妻市・坂東市・常総市・牛久市・土浦市・石岡市・桜川市はもとより

茨城県全域の太陽光発電所の 「雑草対策」 「草刈り」 「除草剤散布」 

設置後、設置前に係らず

土地の状況に合せて最適なプランニングをご提案いたします。


  
そして…


   



お持ちの休有地の草刈りでお悩みの方‼

こちらも、是非お任せください!



空地の雑草をあまり放置すると

    「雑草火災」に繋がりかねません。



         



特に冬場に多い「雑草火災」こちらは空気が乾燥する冬場に集中します。

要因として、、、

枯れた草が乾燥することで
火のつきやすい条件がそろう事が考えられます。

夏に生い茂った雑草は、

紅葉シーズンの11月ごろには枯草となり

木の落ち葉も最盛期になります。

木枯らしが吹き始めると空気の乾燥が進み

枯草・落ち葉が燃えやすい状態になります。


火だねとして、近隣での野焼の火の粉、タバコの投げ捨て等があり

特異ケースとして、水入りペットボトルがレンズの役目をしてしまい

太陽光線を集め発火する
「集れん火災」もあるそうです。



火災を防ぐために「空地の雑草は早い時期に刈り取る!」

これに尽きますので

枯草・落ち葉は放置しない事をおススメします。

万が一
「雑草火災」が起こって近隣に延焼などしてしまった場合、

大きな損害賠償に繋がりかねません。




今すぐご相談ください!




◇雑草の対策方法は 「草を刈る!草を枯らす!雑草を防ぐ!」 の三つ!


当社のエキスパートが現場の状況から最適な 《雑草対策》 

お電話1本で生えてしまった雑草を処理致しますので

とても簡単です!



また今後もう2度と雑草が生えてこないように防御する雑草対策ですが

コンクリートやタイル施工は効果は抜群ですがコストがかかります。



そこで防御する雑草対策方法の基本は、土に太陽が当たらない様にすることなので

砂利敷きや防草シートが有効です。

しかし、砂利敷きは隙間から防草シートは

防草シートの上の溜まった土から雑草が生えてきてしまいます。



 
      



雑草対策を年定期契約をして頂くことで安定した 【発電効率】 が得られる事や

「雑草火災」の心配も減りとても安心です。

そして、3年間の定期契約を頂くだけで!



        





茨城県つくば市を中心にその近隣市町村の

筑西市・下妻市・坂東市・常総市・牛久市・土浦市・石岡市・桜川市と

茨城県全域の
 「雑草対策」 「草刈り」 「除草剤散布」 対策の詳しいお問合せは




 今すぐお電話にてお待ちしています‼





       TEL.029-893-2788